美容に関する事は自分の美容室で

美容に関する事は自分の美容室で

美容に関する事は自分の美容室で

美容師の皆さんはいつもオシャレにしていてヘアスタイルも素敵だな、と思う事が多いですが、この点において美容師の皆さんはあまりお金をかけることなくキレイにする事が出来ているようです。それはそもそもの職業が美容師であり働いている場所が美容室なので、ヘアスタイルに関する事は自分のお店で出来てしまうからなんですね。カットするのもパーマを当てるのも、自分の美容室で閉店後にスタッフ同士で練習もかねてやっている人がほとんどです。先輩方なら別の美容室へ偵察を兼ねて行ってみる、と言う事もあるようですが、若い明日スタントたちは互いにカットの練習のために髪を切り合ったり、新色のカラーのサンプルをもらったりしたら、誰かがモデルとなって染めてみる、と言った事で済ませているようですね。これは私達からしたらとてもうらやましい話ですよね。私達が普通に美容室でその施術を受ければカットなら五千円、カラーやパーマなら一万円近くの料金を支払う所が、美容師の皆さんは無料で出来てしま事が多いのですから、羨ましい限りです。美容師のみなさんがお店に行ってみるたびに髪色が違う、と言う事もあるかもしれませんが、それは新色の酸プロを試していたりするからだ、と言う事になるのではないでしょうか。美容師の仕事というのはとてもハードで辛い、とよく言われていますし、実際に離職率が高いというのは事実の様です。そうはいってもこれだけの件数の美容室があって溌剌と働いている美容師の皆さんも大勢いるものです。そんな美容師の皆さんでも辛い時期や乗り越えなくてはいけないハードルはたくさん有ったのだと思われます。そういう時にはどうやって乗り越えて来られたのでしょうか。美容師として働くうえで良く言われるのは人間関係で躓く人が多いと言う事ではないでしょうか。美容師の職場と言うのは空間もそんなに広くはありませんし、スタッフの人数もそんなに多くは有りません。ですから「みんなで上手くやっていく」というのが基本の人間関係になると思うのです。大きな職場であれば気の合わないひととは仕事上の付き合いだけで済ませる事が出来ますし、休憩時間やアフターファイブは気の合う人と過ごす事が出来るでしょう。ですが美容師の職場と言うのはそうはいかない事が多いと思われます。常に全員と上手くやっていかなくてはいけない事がほとんどでしょう。そうなってきた時にどう振る舞ってどのようにうまくやっていくか、と言う事を考える必要が出てくると思われます。特に新人の頃には「可愛がられる」存在である事が大きなポイントなのではないでしょうか。


ホーム RSS購読 サイトマップ