天気や季節の変化に負けない肌を作るために

天気や季節の変化に負けない肌を作るために

天気や季節の変化に負けない肌を作るために

20代の女性は年齢的にも若く、肌の調子も健康的な人が多いと思われがちです。しかし20代女性の肌はとても敏感で天気の変化、季節の移り変わりなどで体調不良を訴えたり肌の不調を感じたりする人が多いようです。天気の変化や気圧の変化によって自律神経の働きが乱れ、体が緊張しやすくなってしまうことが大きな原因といわれています。多くの人が頭痛に悩まされるといわれていますが、肌のかゆみや乾燥に悩まされる人も多く、一時的に肌質が変化してしまう人も多いです。肌質の変化に対してはケア方法を変えて対処していくという方法がありますが、それでは根本的な解決になりません。自律神経の働きが影響しているため、まずは自律神経を整えることから始めていくことが大事になります。天気や季節の変化で自律神経を乱さないようにするためには日常生活を改善していくようにしましょう。まずは起床後太陽の光を浴びるようにします。体内時計が動き始め1日の体のリズムを整えてくれます。朝食前には軽い運動をしましょう。有酸素運動は自律神経のうち副交感神経を働かせ血行がよくなります。ダイエットにも効果があります。仕事をしていると自律神経は交感神経が優位になっていきます。その状態を解除するためには38度程度のお風呂に入って副交感神経の働きを優位にしてあげましょう。代謝がよくなる上、快適な睡眠をとることができるようになります。睡眠も短くても6時間から7時間とるようにすることで自律神経は整い、肌トラブルに悩まされない生活を送れるようになります。体の老化を気にしている人は多いと思います。年齢を重ねていくと肌は特に老化をするようになっていくため、少しでも若さを保てるようにさまざまな努力をしているという人も多いでしょう。体の老化の主な原因は酸化といわれていて、酸化することによってコラーゲンが壊されていき、シワ、シミ、たるみなどが起こるようになって行きます。実はこの酸化以上に肌を老化させる現象に糖化があります。その名のとおり糖分の過剰な摂取によって引き起こされます。美白で肌をきれいにしたいという人は糖化に気をつけないといけません。糖化は体のたんぱく質が糖分と反応して変化した状態になります。糖化したたんぱく質は元通りに戻すことが難しく、肌を黄色く黒ずんだものに変化させていきます。糖尿病などの人によく見られますが、糖尿病でない人も血糖値が高い状態が続くと糖化していく可能性があります。そのまま糖尿病に発展してしまうため肌の糖化は危険な病気のサインにもなるわけです。甘いものが好きな女性は多いと思いますが、過剰な糖分の摂取は危険です。スイーツが好きな人は特に1日の摂取量に限度を決めておいたほうがいいでしょう。病気にならない程度なら大丈夫ということでもないため、美白を目指しいているなら糖分の取りすぎには常に気を配っていくようにしてください。夏になるとジュースやアイスを食べたくなる季節になりますが、糖分の過剰な摂取につながってしまうので十分に注意して生活してみてください。門前仲町 美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ