タオルドライと冷風をあてる

タオルドライと冷風をあてる

タオルドライと冷風をあてる

ドライヤーの熱が髪の毛を傷めてしまうのであれば、ドライヤーってそこまでの温度に上がるような設定にしなければよいのでは?と思ってしまいますよね。そうはいってもドライヤーで急激に温風を当てて何かを乾かす、と言う事も時にはあるわけで、それなりに役には立っているのかもしれません。それだけの高い温度になったとしても距離を保って使用すればちょうど良い温度の温風を当てることになるので、それは使う側が意識しなくてはならないのかもしれませんね。できるだけ温風に曝されてしまう時間を短くする工夫も必要でしょう。たとえばしっかりとタオルドライをしておくことです。これが意外と効果があって、タオルドライをするのとしないのとでは、ドライヤーの使用時間が随分と違ってきます。タオルでこするような拭き取り方をするのは良くありませんが、タオルに水分をしみこませるような感じで丁寧に拭き取れば、ドライヤーを当てる時間が随分と軽減できます。また急激な乾燥を避けるためには温風モードと冷風モードを上手く使うのも工夫の一つです。みなさんは冷風モードって何に使うんだろう?と思った事はありませんか?実はこの温風と冷風をうまく使いこなす事で、髪の毛はダメージを受けなくて済むと言われているんですね。最近では髪の毛に対してドライヤーの高温の風がよくない、と言う事が言われているので、私達が髪を傷めることなく使えるようなドライヤーも販売されるようになってきました。以前から言われていたのは「マイナスイオン」の風が髪の毛に良い、と言う事ですよね。ですから今でもマイナスイオンのドライヤーと言うのはよく販売されているようです。ですが効果を実感するとなると、良く解らない、と言う人も多いのではないでしょうか。また一定の箇所に熱風が当たり続ける事が無いように工夫されたドライヤーも有ります。自動で首を振ってくれるドライヤーなんですね。これはとても画期的なのではないか、と思います。またもはや熱風や温風ではなく、髪の毛にちょうど良い温度の風に設定されているドライヤーも有るようです。いろいろな名前で販売されているのだと思われますが、低温トリートメントドライヤーと言われている様なものですね。こういった進化したドライヤーは最近多くの美容師の求人や採用は高給与の柏駅にある美容室で使用されるようになってきていて、お客さんに対しても購入を勧めている所もあるようですね。髪の毛に対して熱風を当て続けるのが良くない、と言う事であれば、首を振ってくれたり一定温度以上にはならないようにしてあるドライヤーというのはダメージに対して効果が期待できますね。


ホーム RSS購読 サイトマップ