生理期間中の紫外線対策を行っていこう

生理期間中の紫外線対策を行っていこう

生理期間中の紫外線対策を行っていこう

生理期間中は日焼けをしやすくなります。知識として持っていることで日焼け止めの使い方を変えたり日中のすごし方を変えることができます。事前に対策を立てて日焼けしないようにしていきましょう。まずは生理の記録をつけていくと対策が立てやすくなります。日焼けしやすい周期に入ったときには日焼け止めの使いかたを変えたりこまめに使っていくようにしてみてください。メラニンの生成はストレスの影響も受けます。生理期間はメンタルも不安定になりやすいことからストレスをためてしまいがちですので、精神的なケアも行っていくようにしてみてください。日焼け止めだけでは不十分を考えている人は日傘や防止を使って紫外線対策をしていくことをお勧めします。日中はできる限り日陰を利用するようにする、日差しの強くなる10時くらいからの外出は控えるようにするといった対策も有効になります。紫外線の影響は直接肌に当たるものだけでなく目から入った紫外線も影響を与えます。そのため日差しの強い日にはサングラスを着用するようにしていくとメラニンの生成を抑えることにつながります。食生活も変えてみましょう。メラニンの生成を抑える効果のある栄養はいくつかありますがビタミンCが特に有名です。朝の食生活で十分なビタミンCを摂取できないといった人はサプリメントを利用するという方法もあります。生理にあわせた紫外線対策を行っていき、自分の肌を常に守っていけるようにしてみてください。疲れは様々な行動の中で蓄積されていき、美容にも問題を与えていきます。寝て起きても疲れが残っている、1週間のうちまだ半分も残っているにもかかわらず体力の限界が来ているなんて人は疲れを解消させると同時に美容の問題についても解決していくようにしましょう。疲れた体がなぜ美容にも影響を与えるのかというと、血行の流れやストレスの影響を受けてしまうからです。血行もストレスも美容に大きな影響を与えます。血液は体全体に必要な栄養を届けているため、肌の活性化に必要となる栄養も血液の流れがよくなければ肌まで届いてくれません。ストレスはさらに血液の流れを悪くする悪影響を与えるため肌からは栄養がどんどんと足りなくなっていくということになります。これらのほかにも疲労が美容に与えてしまうマイナス効果はたくさんあり、疲労を改善することで自然と美容にもいい影響が出てくるようになっているわけです。疲労がたまってしまう原因については睡眠不足、栄養不足といったことが考えられますが、意外と食べすぎが原因となって疲れがたまってしまうということもあります。普段から満腹になるまで食べる習慣のある人は特に疲れを感じやすくなります。食事の基本は腹八分目といわれています。満腹になる前、少しおなかがすいているような状態で食べるのをやめることで疲れにくい体を作っていくことができるようになります。肥満の解消にもなるため食べすぎに注意してみると疲れにくい体作りができますよ。川口 美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ