夏のヘアケアを忘れずに

夏のヘアケアを忘れずに

夏のヘアケアを忘れずに

髪の毛は夏が特に一番傷みやすくなります。肌は冬も夏も同じように傷みやすいわけですが、髪の毛は夏のほうが傷みやすいため、夏は髪の毛の対策も忘れないようにしないといけません。夏に髪の毛が傷みやすくなる理由は紫外線と気温です。髪の毛は高温に弱く、紫外線のも弱いため、夏は注意しないといけない季節なのです。紫外線は髪の毛の内部にまで浸透し髪の毛の結合を壊してしまいます。紫外線によって壊された結合は戻ることがないため、元通りの髪の毛に戻すためには新しく髪の毛が生えてくるのを待たないといけないということになります。縮れ毛、枝毛などの傷んだ髪の毛は紫外線の影響を受けている髪の毛なので、紫外線から髪の毛を守るための対策を行っていくようにして下さい。髪の毛は高い温度にも弱いです。といっても100度近くまで上がらないと結合が切れたりするトラブルは起きないため、いくら夏が暑いからといって致命的なダメージを受けるということはめったにないかもしれません。ただ黒い髪の毛は熱を蓄えやすいため長時間日差しを浴びていると髪の毛も傷みやすくなっていきます。髪の毛の温度が高くなってきていると感じたら日差しを避けるようにしてあげることも必要になります。髪の毛の紫外線対策は日焼け止めや防止、日傘を使うなどの対策がありますが、一番大事なことは傷んだ髪の毛のケアです。そのまま放っておくとひどくなる一方のため日差しにさらされた髪の毛は毎回ケアをしてダメージ対策を行っていくようにしてください。夏の暑さや冷房、紫外線の厄介なところは肌の新陳代謝を乱してしまうことです。肌は常に死滅と再生を繰り返していて、肌表面は死んだ細胞によって守られ、肌内部の細胞は生きた状態で水分をとどめています。死んだ細胞は定期的に洗い流されていき、新しく死滅した細胞によって肌表面は守られ、肌の奥では常に新しい細胞が生まれてきています。この流れを肌のターンオーバーと呼ぶわけですが、夏はこのターンオーバーのサイクルが乱れやすくなります。一般的に28日周期で行われている死滅と再生ですが、紫外線によって肌が傷むとターンオーバーのサイクルは早くなるといわれています。傷んだ細胞を修復しようとしまだ完全な状態の細胞になっていないにもかかわらず肌の修復に使われてしまい未熟な細胞が肌を守ることになるため傷みやすい状態になってしまいます。こういった場合は敏感肌になりやすく少しの刺激でも肌が荒れるようになってしまいます。夏は代謝の低下しやすい季節ですが、代謝が低下するとターンオーバーは遅くなっていきます。肌表面には古い角質がたまっていくようになり乾燥しやすくなっていきます。このように夏はターンオーバーが早くなったり遅くなったりと乱れやすい季節となるわけです。ほかの季節以上にターンオーバーの正常化に気をつけていく必要があるわけですね。ターンオーバーを正常に保つためにはしっかりとした睡眠時間を確保すること、栄養バランスを整え不足しないようにすること、この二つを気をつけていくとターンオーバーも正常に保ちやすくなりますよ。岩槻 美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ