肌細胞が新しく生まれ変わるためには睡眠が大事

肌細胞が新しく生まれ変わるためには睡眠が大事

肌細胞が新しく生まれ変わるためには睡眠が大事

人の体は寝ている間に成長し、体の細胞が新しく生まれ変わります。肌の細胞も寝ている間に再生され、新しい肌に生まれ変わり常に新しい細胞が肌を覆ってくれる状態となります。しかし忙しい生活を送ることで睡眠時間が短くなっていくと細胞が生まれ変わる時間も失われていき、肌の表面には古い細胞が残ってしまうことになります。肌トラブルや肌老化の原因といわれている肌の乾燥も古い細胞に覆われた結果です。肌の細胞が新しく生まれ変わるためにも良質な睡眠を十分にとることが大切なのです。体の細胞が生まれ変わるためには6時間程度の時間が必要といわれています。そのため睡眠時間は最低でも6時間確保することが大切で、それによって肌の美しさを保つことができるようになります。また肌の生まれ変わりには様々な栄養が必要となるためバランスのいい食事を心がけていることも忘れないようにしましょう。十分な栄養を摂取しておくことで、その栄養が寝ている間に肌を作り若々しさを維持することにつながるのです。肌の再生に必要となる成長ホルモンは快適な睡眠をとれているときに分泌されやすくなります。ストレスをためた状態では快適な睡眠はとれませんし、アルコールを飲んだ状態、興奮した状態でも快適な睡眠にはつながりません。寝る前はリラックスした状態を作り出し、深い眠りにつくことができるようにしていきましょう。良質な睡眠と十分な睡眠時間で成長ホルモンの分泌が促されて肌再生も活発に行われるようになりますよ。すっぴん美人にあこがれている女性は多いと思います。化粧は肌に負担がかかるからできるかぎりしないほうがいいといわれていることから、普段の生活でもすっぴんでいることを心がけているという人も多いと思います。しかしどんな時でもすっぴんで過ごしていれば肌の健康にいいというわけではありません。化粧は肌を守る存在としても活躍してくれるからです。外出するときに一番気を付けないといけないことは紫外線です。紫外線の影響は蓄積されていくといわれているため、たとえわずかな時間紫外線を浴びても肌にはダメージとなってしまいます。その紫外線から肌を守るためには化粧が有効になります。化粧品の多くにはUVカットの効果が含まれていて、日焼け止めを使わずとも紫外線対策を行うことができます。女性の場合外出の度に化粧をするということが面倒なため、人に会わなかったり、少しの時間の外出ならすっぴんで外に出かけてしまう人も多いようです。しかしその油断が肌の老化を加速させることになります。化粧をする時間が面倒という人でも肌に何もつけない状態で出かけることは肌を衰えさせてしまうことにつながるのです。最低限保湿を行い、日焼け止めを使った状態で外出することを心がけていくと肌の状態を保つことができるようになります。すっぴんで過ごすのは外出せずに屋内で過ごす時間だけにして、外に出かけるときには最低限の化粧を施し肌を危険から守るようにしていくといいですよ。溝の口にある美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ