肌は冷やしてはいけない

肌は冷やしてはいけない

肌は冷やしてはいけない

肌は冷やすよりも温めるほうが美容にいいといわれています。肌が冷えると美容にどんな悪影響が出るのでしょうか。人間の体温は1度低下すると免疫力が30%低下するといわれています。免疫力が低下すると病気にかかりやすくなりますし、肌のトラブルに対する抵抗力も下がってしまいます。その結果乾燥しやすくなったりシミができてしまったりといったトラブルに発展しやすくなります。また肌の表面温度は皮脂分泌にも関わっているため、肌の表面温度が下がるだけでも乾燥肌につながってしまいます。冬の寒い季節に肌が乾燥しやすくなるのは肌表面の温度が低下して皮脂の分泌が低下してしまうことにも原因があるのです。肌が乾燥しやすいという人にとって肌の冷えは深刻な悩みとなってしまうため肌を冷やさないような工夫が必要になります。肌を温めることで血流が良くなり新陳代謝も活発になります。正常なターンオーバーによって肌は再生され肌の若さを維持しやすくなります。肌の冷えが気になる人はそのまま放置せずに肌の温度を高めていくように生活を見直してみましょう。脂肪の多い部分は特に冷えやすい部分となります。皮下脂肪は血管が少ないため血液の流れで体温を維持するということができません。皮下脂肪の多い女性は冷えに悩まされやすいため体が冷えないように注意していくようにしましょう。冷たい空気に長い時間触れないようにする、冷水で顔を洗わない、化粧品は人肌に温めてから使うといった努力で肌の冷えを防ぐことができますよ。肌の再生は睡眠中のゴールデンタイムが重要とよく言われています。成長ホルモンの分泌が活発になり、肌の新陳代謝が行われ新しい肌が作られるようになります。このゴールデンタイムにはいくつかの説があります。よく言われていたことが、夜中の10時から2時までの4時間が肌の新陳代謝が活発に行われるゴールデンタイムという説です。早めに寝て4時間のゴールデンタイムを活かした生活が美容にとって重要となっていました。しかし現代での生活では夜中の10時に寝るというのは一般的ではありません。仕事が忙しいと寝る時間は12時を超えてしまうこともあります。そのためゴールデンタイムの恩恵にあずかれないという人もたくさんいました。そんな中で別の説を唱える専門家も増えてきました。新しい説としては眠りに入って30分くらいから成長ホルモンの分泌が行われ、肌のゴールデンタイムとなるということです。この説の場合は寝る時間はいつでもかまいません。夜更かししても昼夜逆の生活を送っている人も、ぐっすりと眠ることができれば30分程度で肌のゴールデンタイムが訪れることになります。忙しい生活をしている人も睡眠のときだけはリラックスして良質な睡眠がとれるようにすることで肌のトラブルを避けることができるようになります。人間の体は夜中の9時くらいから眠りのホルモンが分泌されるといわれています。自然のリズムに合わせて眠ることが良質な睡眠につながりますから、夜の10時から寝るというのもゴールデンタイムは必要なポイントなのかもしれません。綱島 美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ