チークを入れる前に知っておきたい!チークをいれる効果と正しい使い方

チークを入れる前に知っておきたい!チークをいれる効果と正しい使い方

チークを入れる前に知っておきたい!チークをいれる効果と正しい使い方

メイクする上で、チークは顔の印象をさらに明るく華やかに見せてくれるものです。

 

普段何気なくチークを使っているという人は、今一度チークがもたらす効果や意味を振り返ってみてください。
また、チークを上手に使えているつもりでも、意外と正しく使えていなくて不自然になっている場合もあるので、注意点についてもチェックしておきましょう。

 

○チークをいれるとどんな効果が期待できるの?

 

チークは顔色を良く見せてくれる効果がある、くらいに考えている人もいるでしょう。
確かにチークは肌の血色感を高めてくれて、健康的に見せてくれます。
疲れて見えるようなくすんだ肌や、青白く不健康に見える肌でも、チークをいれることによってカバーすることができます。
これはチークをいれる代表的な効果ですが、それだけのためにチークがあるわけではありません。

 

○メイクでチークを使う意味

 

・立体的に見せる
チークをいれれば、ハイライトを使用しなくても立体感のある骨格やフェースラインに見せることができます。メリハリがついて小顔効果もアップするでしょう。
チークは体調や年齢によってくすみがちな肌や、ファンデーションで真っ白になってしまった頬に自然な血色感を出してくれます。

 

・顔型のコンプレックスをカバーする
顔が長く見えてしまう面長さんや、ぽっちゃり見えてしまう丸顔さんは、頬の余分な隙間を埋めるためにチークを使うと、コンプレックスがカバーできてバランスがよくなります。
輪郭に合わせたチーク使いをすることで、顔型のコンプレックスを上手に隠すことができるでしょう。

 

○入れ過ぎにご注意!

 

よくメイクでやりがちな失敗に、チークの入れすぎがあります。部屋で見た時と外で見た時とでは、チークの濃さが違ってくるので、必ず外の光でも仕上がりを確認しておきましょう。いかにもチークをたくさん塗っていますといった入れ方は、メイク全体が濃く見えてしまい、ケバく見えてしまうこともあります。
ナチュラルには見えなくなってしまうので、自然に見せたい場合は濃さに注意して使いましょう。

 

チークを使うと、顔が明るく健康的に見えて、フェミニンな印象になります。

疲れが目立ってしまう顔でも、チークをいれることで若々しく元気な印象を与えることができるため、年齢をカバーするのにも役立ちます。
しかし、そんなチークをいいかげんに入れている女子も意外と多いです。
チークさえのせていればどんな入れ方をしてもいいというわけではありません。チークの入れ方一つで顔の雰囲気も大きく違ってきます。せっかく魅力的に見せてくれるチークなので、
上手な使い方をしていきたいですよね。
ここでは、チークの正しい使い方についてご紹介していきます。是非ご参考にしてみてください。

 

○派手顔に見せないチークの入れ方は?

 

元々目鼻立ちがはっきりしている人がチークを使うと、濃さによっては派手な印象を与えてしまうことがあります。
自然な印象に見せたいのであれば、チークは濃く入れないようにしましょう。
色白の人はローズ系がおすすめです。

 

イエローベースの女性は、オレンジ系を選びましょう。
頬骨から耳の付け根に向かってななめに入れることで、ナチュラルな印象に見えるでしょう。

 

○そばかすが多い時にチークを使う場合

 

頬にそばかすができていると、チークがうまく色づかなかったり、そばかすがより一層目立ってしまうことがありますよね。

 

そばかすがあるからといって、チークは使わない方がいいというわけではありません。
コンシーラーを使ってそばかすをしっかりカバーした上で、ファンデーションを塗りましょう。
それからチークを使う事によって、チークも綺麗に発色します。
ただし、濃いチークカラーを選んでしまうと、そばかすがさらに目立ってしまうため、できればコーラルピンクなど、肌馴染みの良い落ちついた色を選んでみてください。

 

横浜駅にある美容院の業務委託の求人

横浜駅 求人 美容院 業務委託

 

町田駅で美容師の求人は仕事とアルバイト

美容師 求人 仕事 アルバイト 町田駅


ホーム RSS購読 サイトマップ