美容のためにも冷たい水を避けたほうがいい理由

美容のためにも冷たい水を避けたほうがいい理由

美容のためにも冷たい水を避けたほうがいい理由

夏の暑さに対して冷たい水はひと時の安らぎを与えてくれるように思えます。特に汗をかいた後は冷たい水を飲むと気持ちがいいものです。しかし冷たい水は体に大きな負担となり、美容を心がけている人にとってはお勧めできません。冷えた水と美容にはどんな関係があるのでしょうか。冷たい水は体を内部から冷やすことができます。体が冷えるということは血管が収縮することにつながります。血管の収縮は血行を悪くし、消化、吸収、代謝にも悪影響を与えてしまいます。肌は心臓から遠く特に顔の肌は重力に逆らって登っていかないといけないため、血行が悪くなるとそれだけ肌に栄養が届きにくくなってしまいます。肌の代謝が悪くなり古い細胞が肌に残ってしまうことにつながります。また冷たい水は体の中を流れるスピードが速く、胃腸に負担をかけてしまいます。胃液が薄まることで食欲不振につながり、免疫力も低下しやすくなります。下痢になると体から大量の水分が失われやすくなってしまい、肌もくすみがちになります。美容のためにも冷えた水はできるだけ避けるようにしましょう。もしもどうしても冷たい水が飲みたいというときには一気に飲まずに少しずつ体に取り入れて行くようにすると負担も軽くなります。運動をした後の冷えた水は特に体の内部に大きなダメージを与えるため、意識して避けていくようにすることが大切です。普段から水分補給は常温に近い温度にして飲むように心がけてみてください。人の肌は睡眠中に作られ新しく生まれ変わります。しっかりとした睡眠をとることが肌の若さを保つための条件となりますが、実際にどのくらいの睡眠をとったらいいのか分からないという人も多いと思います。人の肌にはどのくらいの睡眠が必要なのでしょうか。最適な睡眠時間というのは個人差があり、すべての人に共通する睡眠時間というものは存在していません。そのため自分が生活する中で、しっかりと疲れが取れて起きたときに気だるさを感じない睡眠時間がその人の最適な睡眠時間となります。しかしこれでは自分の最適な睡眠時間を見つけるまで時間がかかってしまいます。目安となる睡眠時間を考えてみましょう。人は眠りについて30分経過したあたりから成長ホルモンが分泌されます。約3時間にわたって成長ホルモンが分泌され体の細胞は活発に生まれ変わります。そして肌の修復は約6時間かけて行われていきます。美しい肌を保つために人は常に6時間以上の睡眠が必要になるというわけです。良く睡眠は8時間必要といわれますが、あまり長い時間寝てしまうと血液の流れが悪くなり代謝が低下してしまうこともあります。そのため長すぎる睡眠時間にも注意が必要になります。6時間から8時間の間で自分にとって快適な睡眠時間をまずは探してみるといいでしょう。人間の体は夜になると自然と眠気が出てくるようになっているため、快適な睡眠をとるためにも夜に寝る習慣を作っていくようにするといいですよ。栄にある美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ